ホーム > トピック >

ジンギスカンの美味しい焼き方をご紹介。

2017/09/14(木)

今回はジンギスカンの美味しい焼き方をご紹介いたします。

野菜や肉を焼く時は、『強火で短時で』よりも、弱から中火で火を通し、
仕上げに強火で表面に焼き色をつけるというのが今や新常識となりつつあります。
キリンビール園では、肉がこげつかず、ふんわりジューシーにお肉を楽しめる
蒸し焼きをおすすめしております。

ジンギスカンが本格的に食べられ始めて、実は数十年程しか経っていないこともあり
『これが正しいしい食べ方』というものは存在しないといっても過言ではありません。
各地域やご家庭でいろいろな召し上がり方があると思いますが、
ぜひこちらの食べ方でもジンギスカンを楽しんでみてはいかがでしょうか。

《実践!ジンギスカンの美味しい焼き方》


1.ジンギスカン鍋を温めながら脂をよく塗りこんでください。


2.鉄板に脂がなじんだら野菜を全体に敷き詰めます。


3.野菜から湯気が上がり始めたら野菜の上にお肉をのせていきます。


4.肉を野菜の蒸気で蒸し焼きになるように野菜を覆うように肉を広げます。


5.お肉のふちが白くなったら裏返します。


6.裏返した面全体が白く色がついたら食べごろです!野菜とご一緒どうぞ。




キリンビール園ではラム専用スパイスもご用意しております。
タレの他にも一味違った美味しさを楽しむことができます。